メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読んであげて

みんなふつうで、みんなへん。/1

みんなふつうで、みんなへん。 1

[PR]

 <広げよう おはなしの輪>

    ぶん 枡野浩一(ますの・こういち)  内田かずひろ(うちだ・かずひろ)

     中田なかた宏和ひろかずくんは理科りか授業じゅぎょうちゅう、ボールのことをかんがえていました。

     そのボールは片手かたてげやすいおおきさで、よくバウンドします。いろいろないろのがあるのですけれども、オレンジいろのがいいなあと、近所きんじょ駄菓子屋だがしやさんでっているのをたときにめていました。

     だから、3ねんくみ担任たんにんである速井はやい温子はるこ先生せんせいが、

    「あしたはボールをわすれずにね」

     とった瞬間しゅんかん、やったーと、こころなかでさけんでよろこびました。ずっとしかったあのボールを、おかあさんに正々堂々せいせいどうどうってもらえるチャンスだ、とおもったからです。

    「そうなの? まあ、あした授業じゅぎょうでつかうなら、しかたないわね」

     うちにかえっておかあさんにはなすと、ボールがえるくらいのおかねを、すぐにわたしてくれました。宏和ひろかずくんは自転車じてんしゃ駄菓子屋だがしやさんへき、オレンジいろのボールをにとりました。ねんのため、あかいボールもって、やっぱりオレンジいろのをいました。自分じぶんわなかったあかいやつをうのはだれかな、もしかしたら丹羽にわおさむくんかな、などとかんがえながらいえかえったのです。


     ニュースサイトでも読めます

     https://mainichi.jp/yonde/

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

    2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

    3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

    4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

    5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです