メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2019夏 語るため、通名捨てた 李鐘根さん(90)=広島市

韓国人原爆犠牲者慰霊碑の前に立つ李鐘根さん。80歳を過ぎ、本名で被爆証言を語り出した=広島市中区で、山田尚弘撮影

「私は韓国人」80の決心 李鐘根(イジョングン)さん

 80歳を過ぎ、本名で被爆体験を語り始めた在日韓国人2世がいる。広島市安佐南区の李鐘根(イジョングン)さん(90)。ルーツを隠して人生を歩んできたが、7年前、被爆証言を決意し、同時に日本名の通名を名乗るのをやめた。「韓国人としてでなければ、本当の自分の体験は語れない」と話す。

 生活苦を理由に、日本統治下の朝鮮半島から渡ってきた両親は、創氏改名以前から日本名を使っていた。日本で生まれた李さんも、家の外では「江川政市」を名乗った。

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1175文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです