連載

ヒバクシャ

核被害の悲惨さを訴え続ける被爆者の声に耳を傾け、平和と核廃絶を求める思いを伝えます。

連載一覧

ヒバクシャ

2019夏 語るため、通名捨てた 李鐘根さん(90)=広島市

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
韓国人原爆犠牲者慰霊碑の前に立つ李鐘根さん。80歳を過ぎ、本名で被爆証言を語り出した=広島市中区で、山田尚弘撮影
韓国人原爆犠牲者慰霊碑の前に立つ李鐘根さん。80歳を過ぎ、本名で被爆証言を語り出した=広島市中区で、山田尚弘撮影

「私は韓国人」80の決心 李鐘根(イジョングン)さん

 80歳を過ぎ、本名で被爆体験を語り始めた在日韓国人2世がいる。広島市安佐南区の李鐘根(イジョングン)さん(90)。ルーツを隠して人生を歩んできたが、7年前、被爆証言を決意し、同時に日本名の通名を名乗るのをやめた。「韓国人としてでなければ、本当の自分の体験は語れない」と話す。

 生活苦を理由に、日本統治下の朝鮮半島から渡ってきた両親は、創氏改名以前から日本名を使っていた。日本で生まれた李さんも、家の外では「江川政市」を名乗った。

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1175文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集