メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島原発事故賠償 名古屋訴訟あす判決 避難する権利、認めて

 東京電力福島第1原発事故に伴い福島県から愛知、岐阜、静岡の各県に避難するなどした42世帯128人が、東電と国に慰謝料など総額約14億4000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が2日、名古屋地裁(桃崎剛裁判長)である。判決を前に、福島県いわき市から避難した松山要さん(48)=岐阜市=は「国も東電も罪を認めてほしい。先例となるような判決を」と期待する。

 要さんは2011年3月の原発事故時、出産を月末に控えていた。だが、いわき市の病院は閉鎖、通っていた病院からは「市外の病院を自分で探して」と言われた。つてを頼り、水戸市の病院で同24日に長女芽依奈(めいな)さん(8)を出産。国から避難指示は出ていなかったが、「後々後悔したくない」との思いで知人のいる愛知県一宮市に家族で自主避難した。

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです