日韓外相会談 元徴用工賠償判決、「ホワイト国」とも平行線

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
タイの首都バンコクで会談に臨む河野太郎外相(左)と韓国の康京和外相=2019年8月1日午前8時45分(代表撮影)
タイの首都バンコクで会談に臨む河野太郎外相(左)と韓国の康京和外相=2019年8月1日午前8時45分(代表撮影)

 河野太郎外相は1日、訪問先のタイの首都バンコクで、韓国の康京和(カンギョンファ)外相と約1時間会談した。韓国最高裁が日本企業に元徴用工への賠償を命じた判決や、半導体材料の対韓輸出規制強化、軍事転用可能な物資の輸出手続きを優遇する「ホワイト国」からの韓国除外について協議したが、いずれも平行線だった。

 韓国最高裁判決について、日本側は、1965年の日韓請求権協定で「完…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

あわせて読みたい

ニュース特集