7pay終了 不正利用防止のセキュリティー対策は困難 未使用分は返金

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
頭を下げるセキュリティ対策プロジェクト総責任者でセブン&アイ・ホールディングスの後藤克弘副社長(左から2人目)。手前はセブン&アイ・ネットメディアの田口広人社長=東京都千代田区で2019年8月1日午後3時2分、宮武祐希撮影
頭を下げるセキュリティ対策プロジェクト総責任者でセブン&アイ・ホールディングスの後藤克弘副社長(左から2人目)。手前はセブン&アイ・ネットメディアの田口広人社長=東京都千代田区で2019年8月1日午後3時2分、宮武祐希撮影

 セブン&アイ・ホールディングスは1日、スマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」のサービスを9月末で終了すると発表した。利用者がチャージ(入金)した金額のうち未使用分は返金する。不正利用問題の発覚後にセキュリティー対策の強化を図ったが、再発防止に向けた抜本的な対策を講じるのは困難と判断し…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文290文字)

あわせて読みたい

注目の特集