メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LookWESTけいざい

スポーツ用品メーカー開発競争激化「世界にブランドをアピール、絶好の機会」東京五輪まで1年

東京五輪・パラリンピックのボランティアユニホームに身を包み、発表記者会見で笑顔を見せる香取慎吾さん(中央)ら=東京都中央区で2019年7月19日午後、鈴木健太撮影

大手3社が集まる関西、取り組みに熱

 東京五輪・パラリンピック開幕まで1年。五輪を挟む2019年から3年間はスポーツの世界大会の日本開催が続き、スポーツ人口の拡大や観光振興に期待が高まる。関西には大手スポーツ用品メーカー3社が本社を構え、販売や開発競争が激化している。経済界も、関西の活性化につなげようと取り組みが熱を帯びる。【鈴木健太、釣田祐喜、宮崎泰宏】

 「見え方だけでなく、着心地もとてもいいですね」。先月19日に都内で開かれた東京五輪・パラリンピック…

この記事は有料記事です。

残り2471文字(全文2699文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです