メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

異例の「予防」に市場困惑 米FRB、10年半ぶり利下げ

 米連邦準備制度理事会(FRB)は31日、米中貿易戦争や世界経済減速の影響拡大を抑えるため、約10年半ぶりの利下げに踏み切った。経済危機時などに実施する金融緩和と異なり、米景気の拡大局面が10年超と過去最長を更新する見通しの中での「予防的」な措置という位置づけだ。金融緩和を執拗(しつよう)に要求するトランプ米大統領の「圧力に屈した」との観測も浮上しており、従来の金融政策とは異質の状況となっている。

 「米経済の見通しは依然として良好だが、その見通しを後押しするために利下げを行った」。パウエル議長は…

この記事は有料記事です。

残り1877文字(全文2127文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  4. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  5. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです