メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選民主討論会 バイデン氏防戦の理由は「オバマ時代とのずれ」

ハリス上院議員(右)と討論するバイデン前副大統領=米中西部ミシガン州デトロイトで7月31日、ロイター

 2020年米大統領選の民主党の候補者を選ぶための第2回テレビ討論会の2日目の議論が7月31日、中西部ミシガン州デトロイトで行われた。初回討論会で精彩を欠いたバイデン前副大統領(76)は、他候補から過去の発言や賛成した法案について繰り返し追及され、防戦を強いられる展開となった。【ワシントン古本陽荘】

 トランプ政権の非人道的な不法移民への対応が問題となっているなか、ニューヨーク市のデブラシオ市長(58)は、オバマ前政権が相当数の不法移民を強制送還したことを当時、副大統領だったバイデン氏にただした。「送還をやめるよう進言したのか」との問いにバイデン氏は「私は大統領ではなかった。大統領に対する私的な助言については公表しないことにしている」などと言葉を濁した。

 こうしたやりとりについて、ブッカー上院議員(50)は「都合のよい時だけオバマ氏を引き合いに出し、都…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文1044文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  2. 介護の母を殺害、長女に実刑判決 地裁 /熊本

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです