メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏に勝つためには「過激な将来像」か「現実的な政策」か 定まらない民主党選挙戦略

民主党の討論

 中西部ミシガン州デトロイトで行われた2020年米大統領選の民主党の候補者を選ぶための第2回テレビ討論会。今回の米民主党テレビ討論会は、急進的だが分かりやすい主張を繰り広げる左派の候補に勢いがあることを印象づけた。トランプ大統領に勝利するには、過激な将来像を示した方がよいのか、それとも現実的な政策を掲げた方がよいのかという党の選挙戦略の基本路線はまだ定まっていない。

 「オバマケアは機能している」。7月31日の討論会でバイデン氏は語気を強めてそう訴え、オバマ前政権で…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文887文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです