メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

19歳の難病女性、分身ロボが鳥取・大山に登山 タブレットで疑似体験

タブレット端末を使い分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を遠隔操作する岩田真帆さん=鳥取県南部町で2019年7月31日午前10時34分、阿部絢美撮影

 生まれつき難病のため寝たきりでの生活を余儀なくされている岩田真帆さん(19)=鳥取県南部町=が7月31日、中国地方最高峰・大山(だいせん)登山に挑んだ。登山といっても実際に登るのは、カメラやスピーカーを搭載した分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」。岩田さんは自宅でタブレット端末画面を見ながら疑似体験する仕組みだ。「山並みも、空も本当にきれい!」。これまで見たことがない風景に興奮を抑えきれない様子だった。【阿部絢美】

 全身の筋力が徐々に衰える「メロシン欠損型先天性筋ジストロフィー」を抱える。患者は国内1000万人に…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. ヘンリー王子夫妻引退 厳しい条件「自由の代償」英メディア分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです