メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「前へならえ」発祥の地で前へならえ 反射炉築造の江川英龍、もう一つの功績

 号令「前へならえ」の発祥の地とされる静岡県伊豆の国市韮山で1日、訪れたグループが「前へならえ」をする企画が始まった。「前へならえ」は幕末の韮山代官で、同市の世界文化遺産、韮山反射炉を築造した江川英龍(坦庵)が考案したもので、坦庵のもう一つの功績を広く知ってもらうのが狙い。31日まで同市の江川邸枡形(ますがた)で開催している。

 兵糧としてのパン製造でも知られる坦庵は、農民にも武力を担わせるべきだとして「農兵」の採用を幕府に進言した。農兵への号令としてオランダ語を翻訳し「前へならえ」「気をつけ」「右向け右」などの言葉を作った。実際に農兵が訓練を始めたのは坦庵死後の1864年のことだ。

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです