メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島平和宣言に被爆者の短歌 東京の村山さん「原爆の悲惨さ知ってもらいたい」

被爆時の様子を証言する村山季美枝さん=国立広島原爆死没者追悼平和祈念館提供の動画から

 広島市の松井一実市長が広島原爆の日(6日)の平和記念式典で読み上げる「平和宣言」に、東京都文京区に住む被爆者の村山季美枝さん(79)の短歌が盛り込まれる。松井市長が1日、宣言の骨子を発表し、明らかにした。平和宣言で被爆者の短歌を紹介するのは初の試みで、村山さんは「少ない言葉でも、短歌には人に訴えるものがあると確信している。原爆の悲惨さを世界に知ってもらいたい」と話している。

 盛り込まれるのは、「おかっぱの頭(づ)から流るる血しぶきに妹抱(いだ)きて母は阿修羅(あしゅら)に」との1首。

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1347文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです