メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

神楽坂駅徒歩2分!解放感のある店内で愉しむ絶品フレンチ☆記念日・誕生日にも…♪

情報提供:まとメシ

神楽坂のフレンチの名店『ラ・トゥーエル』やフランスで修業を積んだシェフ・金田賢二郎さんのベースは伝統的なフレンチ。その中に、季節感や今の時代のテイストが巧みに盛り込まれている。

デジーノ(最寄駅:神楽坂駅)

季節感溢れる本格派のフレンチを最高のサービスで

例えば、アミューズで選べるスペシャリテのオマールエキスと甲殻類マリネの組み合わせ自体は定番なのだが、カクテルグラスで層を見せ、混ざり合ったときの味や食感の変化にわくわくさせられる。メインディッシュも、和牛ほほ肉の赤ワイン煮という正統なフレンチだが、ラタトゥイユや赤ワインのソースで、夏向きに軽くさっぱりと仕上げられているのも心憎い。さらに、リーズナブルな値段なのに、上質だけど堅苦しくないサービスがプロフェッショナルで、コストパフォーマンスの高さは圧巻だ。

コース「イグニス」

3540円※税別 a252d0e468027bba6efc346b0831fffe 柔らかく煮込んだ和牛ホホ肉のペルシャードトマトフォンデュと赤ワインソース:上部の香草を合わせたパン粉のペルシャードは、南仏の香りをイメージ

3種の季節野菜の3点盛り、冷製のフラン

  9dab69fb4c6fef267325e49971f0d1f6 3種の野菜は、ローズマリーのシロップでマリネしたトマトを飴でコーティングしたものやトウモロコシの塩味のケーキなど。洋風の茶碗蒸しのような冷製のフランは、アミューズの前に小さな一品として供される

マスカルポーネ・ヨーグルト・バナナのセミフレッドキウイのソースコーヒー、小菓子

  8342b87b4c25d707dd7e8ef1d9ae0d65 一見、濃厚そうだが、マルカルポーネやキウイ、ライムなどが利いてさっぱり。デザートの後にプティフル(小菓子)も

オマールエキスと甲殻類マリネ根セロリのムースとコンソメジュレ

  722bc871b1fa9350cef8c0d2e9fbf2bb 食べ進むうちに、エビやカニがごろごろ出てくる

お店からの一言

b8c9ce10f0e62822bb0002e68c8cc62f シェフ 金田賢二郎さん 「料理とワインをリラックスして楽しんでください」

デジーノの店舗情報

506ff8423fa975b12a366b48c67b8227 [住所]東京都新宿区矢来町61 日東商事ビル1階 [TEL]03-5261-8210 [営業時間]11時半~14時半(13時半LO)、18時~22時半(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]火曜日(祝日の場合、翌日休み) [座席]個室あり 全24席/全席禁煙/カード可/予約可/昼はサ5% 夜はサ10% [アクセス]地下鉄東西線神楽坂駅2番出口から徒歩2分

電話番号 03-5261-8210
2018年9月号発売時点の情報です。

関連記事

[閉店]Brasserie Bivouac(フレンチ/神山町)

ガブリシェア 渋谷店(ビストロ/渋谷)|極上の肉を堪能

【閉店】オーシャンズクラブ葉山|湘南の海を見渡す高台の洋館で優雅な時を(フレンチ/葉山)

E・Bu・Ri・Ko|スープからデザートまできのこ尽くしの独創フレンチ(フレンチ/軽井沢)

マルディ グラ|甘く華やかな香りの「富士山麓 樽熟50°」は香ばしくてコクのある肉つまみと楽しもう!(フレンチ/銀座)


情報提供:まとメシ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです