メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮迫博之 吉本と会談していた 契約解除後初 結論は先送り(スポニチ)

「雨上がり決死隊」の宮迫博之=スポニチ提供

[PR]

 特殊詐欺グループとの間で闇営業を行った問題で謹慎中のお笑いコンビ「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)が、所属する吉本興業と既に会談を行い、条件面について話し合っていたことが31日、分かった。7月19日に吉本から契約を解消されており、吉本側と話し合いの場を持ったのは、その前日の18日以来、初めて。双方で話がまとまらず、結論は先送りとなった。

 今週中にも「吉本興業と会談」と一部で報道される中、宮迫は既に吉本サイドとの話し合いの場に着いていた。7月30日午後4時半すぎ、都内の自宅から帽子を目深にかぶってマスク姿で外出。報道陣の質問にほとんど答えず、険しい表情でタクシーに乗り込んだが、そのまま話し合いに向かったとみられる。

 関係者によると、宮迫の吉本への不信感は依然解消されてはおらず、退社の意向を持つ中で会談は行われた。闇営業騒動では弁護士を立てたことで吉本との溝が深くなり交渉が決裂し、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)と謝罪会見を開くに至った。今回は代理人弁護士は立てずに単身で話し合いに臨んだという。

 宮迫の意見を吉本側が聞く形で約2時間にわたり話し合いは進んだ。テレビ局関係者は「雨上がり決死隊の今後や、後輩芸人たちの処遇についてもしっかり意見を言ったと聞いています。退社した場合は吉本芸人との共演を認めることにも話は及んだそうです」と語った。

 宮迫を巡っては、吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日に会見し、契約解消処分を撤回。だが写真週刊誌「フライデー」で別の反社会的勢力との疑惑が報じられ、27日になって“撤回処分の撤回”を検討していると発表している。宮迫側は一部報道について法的措置を辞さない構えも見せている。

 吉本に所属しながら個人事務所を構える先輩の明石家さんま(64)は宮迫の受け皿となることを申し出ており、宮迫自身も新たな環境での出発に前向きで“明石家興業”入りを希望。古巣復帰の可能性は低い。

 7月30日の会談では結論は出ておらず、今後も協議を継続する意向。「双方の言い分はあるのでしょうが円満な形で決着することを周りは望んでいる」(芸人仲間)。あとは宮迫の決断が待たれるところだ。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤田菜七子騎手が中央重賞初制覇 女性騎手初

  2. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  3. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  4. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

  5. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです