メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

この国はどこへ これだけは言いたい 脚本家・倉本聰さん・84歳 「殺す恐怖」伝えてきたか

倉本聰さん=竹内紀臣撮影

 北海道・富良野を舞台にしたドラマ「北の国から」シリーズで、21年にわたる父子の成長を描いた脚本家は「怒りは創作の源泉」だという。では今、どんな「怒り」を原動力に作品を生み出しているのか。

 東京・芝公園を見下ろすホテルの客室。倉本聰さんは、1日80本は吸うというたばこに火を付けると、穏やかな表情で語り始めた。

 「腹の立つことは年中ありますけど、段々と諦めてきたね。実は昨日、青森の樹齢1000年を超す大イチョ…

この記事は有料記事です。

残り3394文字(全文3599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  2. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  3. ORICON NEWS 『大家さんと僕』舞台のアパートで福山雅治が映画撮影 矢部太郎も郵便局員役で出演

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 大阪・吹田市で70代夫婦が死亡 無理心中か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです