メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外桃田が2連覇、男子単日本初 バドミントン世界選手権
人生は夕方から楽しくなる

俳優・哀川翔さん カブトムシに熱中 納得するまで追求

「カブトムシの飼育は親子の接点も作ってくれるんだよ」=東京都墨田区で、内藤絵美撮影

 虫かごからそっと出し、ちょっと誇らしげに見せてくれたカブトムシは丸々と太っている。この夏羽化させた中で最大の体長86ミリ。通常は80ミリ程度で、かなりの大物だそうだ。4年前には88ミリと日本記録を作った。

 「幼虫がデカくても、羽化したら角が短いこともある。どんな作用で大きくなるか分からないし、偶然でしかないかもしれない。それでも、どうすれば大きく育つかが今のテーマだね」

 飼育を始めたのは20年ほど前。5月の連休中、鹿児島に5人の子供を連れて帰った際、おがくずの山を見つ…

この記事は有料記事です。

残り1426文字(全文1663文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  3. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  4. 国民・大野参院議員 埼玉県知事選出馬へ 離党し無所属で

  5. 上田知事「埼玉県は強い」 「翔んで埼玉」出演陣が「ディスりを謝罪」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです