メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・時代の目

東京裁判 歴史の重み「終わり」なく

 極東国際軍事裁判(東京裁判)を記録した1983年公開のドキュメンタリー映画の4Kデジタル修復版。映像が飛躍的にクリアになり音声も明瞭になった。終戦の天皇詔書も全文字幕化。4時間半超の長尺だが、圧倒的な史実の重みが思索を促し、今の日本や世界を考える上で示唆に富む作品だ。

 米国防総省の膨大なフィルムを編集し「人間の條件」の小林正樹が監督。ナレーターは佐藤慶。東条英機元内閣総理大臣ら指導的立場にあったA級戦犯2…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです