メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
舞台をゆく

被爆歌人・正田篠枝が詠んだヒロシマ「さんげ」 広島県歌人協会・相原由美さん

当事者ゆえの決意の表現 相原由美さん(80)

 夫の転勤で広島に移り住んだ私は1984年、正田さんが晩年に所属した短歌の同人誌「青史」に入会しました。代表だった歌人の深川宗俊さんら正田さんと親交のあった人から、正田さんが世話好きで優しい人柄だったことをうかがいました。

 正田さんが原爆を詠んだ歌は、むき出しの表現が使…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  4. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです