メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外埼玉知事選、大野氏初当選 与党系候補破る
足利市

市営住宅、単身者も入居OK 低迷に歯止め、条例改正へ /栃木

 足利市は、同居親族がいる市内在住・在勤者に限っている市営住宅への入居を広く単身者にも認める方針を決めた。市議会9月定例会に条例改正案を提出し、可決されれば来年1月から新条件での入居が始まる。

 条例改正で廃止するのは、住所・勤務地の条件と、家族らと暮らすことを前提とする同居親族要件。同居親族要件の扱いは、2011年の公営住宅法改正で各自治体の裁量に委ねられたが、市は要件としてきた(60歳以上や障がい者など一部の単身者を除く)。

 一方、入居状況をみると、05年度には全2214戸のうち153戸だった空き室が、今年6月には全219…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文660文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  3. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  4. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  5. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです