メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童虐待

防止へ情報共有 立川市、立川署が協定 /東京

協定書を手にする立川市の清水庄平市長(左)と立川署の大八木清高署長=東京都立川市役所で

 児童虐待の防止と早期発見につなげるため、立川市と立川警察署は7月29日、情報共有の強化を図ることを内容とする協定を結んだ。

 市の子ども家庭支援センターには昨年度252件の児童虐待が疑われる事案の情報があり、前年度より20件以上多かった。市と警察はこれまで、学校やNPOなど約100団体で構成する「立…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです