メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年度一般会計決算見込み 歳入歳出、3年ぶり増 /岐阜

 県は1日、2018年度の一般会計決算見込みを発表した。歳入8125億円、歳出7992億円で、ともに3年ぶりに前年度を上回った。県税収入が増加した一方、豚(とん)コレラ関連費や、豪雨や台風の災害復旧費などで歳出が膨らんだ。実質収支(剰余金)は前年度比15億円増の66億円。県は決算認定案を県議会9月定例会に提出する。

 歳入は前年度に比べ89億円(1・1%)の増加。景気の緩やかな回復で企業収益の改善により法人2税が増…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  5. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです