メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貴布禰だんじりまつり

迫力満点、やりまわし 尼崎 /兵庫

太鼓や鐘の音に合わせて練り歩くだんじり=兵庫県尼崎市で、川畑さおり撮影

 尼崎で約300年続くとされる夏の風物詩、貴布禰(きふね)神社(尼崎市西本町6)の夏季大祭(貴布禰だんじりまつり)が1日、始まった。

 町中に太鼓や鐘の音が響く中、午後6時から始まったパレードでは、辰己太鼓を先頭に8基のだんじりが阪神尼崎駅前を出発。商店街などを練り歩き、勇壮な姿を披露。同神社へ宮入り…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文257文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです