メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

日高川町防災センター 子どもが興味持つ工夫 平常時は体験学習の場 /和歌山

がけ崩れの仕組みを模型で学ぶ三百瀬小学校の児童ら=和歌山県日高川町小熊で、山本芳博撮影

 日高川町役場から東に1キロの標高40メートルの高台にある「小熊公園」(同町小熊)に5月、防災・減災対策の拠点施設「町防災センター」が完成した。災害時には避難者や救援物資の集積拠点となり、平常時は防災に関する展示や体験型学習の場として活用できる。

 センター内の防災展示スペースでは、模型を使って土砂災害の仕組みを学んだり、ドアを押すことで水圧を体験できたりと、子どもでも興味が持てるよう、仕掛けが工夫がされている。

 7月11日には町立三百瀬(みよせ)小学校3年の谷本虎輝(とき)さん、中田智仁さん、三原亜有菜さん、…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文608文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです