メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体験的「チボリ検証」考

/下 かき消された「待て」の声 失敗の検証、報道機関も=倉敷支局・小林一彦 /岡山

石井正弘鳥取県知事(左)に報告内容を説明する検証委員会の中村良平委員長=同県庁で、山崎明子撮影

 倉敷チボリ公園事業の検証報告書の内容を豊かにし、説得力を強めたチボリ・ジャパン(TJ)最後の社長、坂口正行氏へのヒアリング(2008年11月)は当初、同事業検証委員会では予定していなかった。それがなぜ、行われたのか。今春、同委員会の会議の議事録や委員会に提出された資料の一覧を県に情報公開請求したが、どちらも「残っていない」との回答だった。

 今回、接することができたヒアリング実施前の報告書素案には、冒頭に「県以外からのヒアリングができてい…

この記事は有料記事です。

残り943文字(全文1164文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです