メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健康被害

国が現地視察 JA、住民らの意見確認 伊万里 /佐賀

 伊万里市波多津町の住民が、JA伊万里の管理する堆肥(たいひ)化施設「第1堆肥センター」から出る浮遊物が原因で健康被害を受けたとして総務省の公害等調整委員会(公調委)に原因裁定を申請した問題を巡り、公調委事務局は1日、現地を初めて視察し住民側とJA側双方の意見を聞いた。

 申請書によると、施設では2012年に堆肥化促進剤を導入し、積んだ牛ふんと鶏ふんの下から強風を送り、天井から促…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです