メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熱狂ゲノム

第1部 身近に迫る技術/3 資源減、食品編集進む

 ガラス製の皿の上に、直径約1ミリのトラフグの受精卵が60個ほど整然と並ぶ。京都大の木下政人助教(56)は顕微鏡をのぞきながら受精卵一つずつに細い針を差し込み、ゲノム編集技術の一つ「クリスパー・キャス9」に使う成分を注入した。受精卵を遺伝子改変し、肉付きが良くて成長の早いトラフグを作るのが狙いだ。

 高松市内にある研究所のいけすには、ゲノム編集されたトラフグが元気よく泳ぐ。「養殖は餌で味が変わるが、今のところ食べても普通のフグと変わらない」。木下助教は胸を張る。

 欧米の研究者が簡単にゲノム編集できる「クリスパー・キャス9」を2012年に発表して以降、この手法を…

この記事は有料記事です。

残り2087文字(全文2369文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです