メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱狂ゲノム

第1部 身近に迫る技術/3 資源減、食品編集進む

 ガラス製の皿の上に、直径約1ミリのトラフグの受精卵が60個ほど整然と並ぶ。京都大の木下政人助教(56)は顕微鏡をのぞきながら受精卵一つずつに細い針を差し込み、ゲノム編集技術の一つ「クリスパー・キャス9」に使う成分を注入した。受精卵を遺伝子改変し、肉付きが良くて成長の早いトラフグを作るのが狙いだ。

 高松市内にある研究所のいけすには、ゲノム編集されたトラフグが元気よく泳ぐ。「養殖は餌で味が変わるが、今のところ食べても普通のフグと変わらない」。木下助教は胸を張る。

 欧米の研究者が簡単にゲノム編集できる「クリスパー・キャス9」を2012年に発表して以降、この手法を…

この記事は有料記事です。

残り2087文字(全文2369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. 駐日アフガン大使、涙声で「アフガンの偉大な友人で英雄です」 中村哲医師のお別れ会に5000人

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです