メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外埼玉知事選、大野氏初当選 与党系候補破る
金言

沈着冷静な英国、遠く=西川恵

 <kin-gon>

 沈着冷静、中庸を美徳とし、付和雷同、激高、扇動といった感情のおもむくままの発露を嫌う国民が、最もふさわしくない指導者を持つことになった。先月24日に就任した英保守党のボリス・ジョンソン首相だ。

 新政権の閣僚人事で、首相は強硬離脱を支持する議員をそろえ、10月末に欧州連合(EU)からの強硬離脱も辞さない体制を整えたように見える。

 ジョンソン氏は2008年から8年間のロンドン市長時代は、「リベラル都市・ロンドン」の顔として「移民…

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1015文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  3. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  4. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  5. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです