メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

輸出規制、日韓泥沼化

 バンコクで1日開かれた日韓外相会談で、韓国の康京和(カンギョンファ)外相は日本による輸出規制強化に強く反発し、日韓の安全保障協力に影響が及ぶと警告した。日韓の対立は、経済のみならず防衛分野に波及しつつあり、日本政府が「本丸」と位置づける元徴用工問題がかすみかねない。韓国側は、日米韓の連携を重視する米国の「仲介」を呼び込む考えだ。しかし、日本政府は軍事転用可能物資の輸出手続きを優遇する「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を2日に閣議決定する方針。事態打開の道筋は見えない。【バンコク秋山信一、渋江千春】

この記事は有料記事です。

残り2687文字(全文2942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

  3. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  4. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その1) 乳がん検診停止、不安 英医療逼迫、98万人受けられず

  5. 神戸大、新型コロナ抗体薬研究へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです