メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

輸出規制、日韓泥沼化

 バンコクで1日開かれた日韓外相会談で、韓国の康京和(カンギョンファ)外相は日本による輸出規制強化に強く反発し、日韓の安全保障協力に影響が及ぶと警告した。日韓の対立は、経済のみならず防衛分野に波及しつつあり、日本政府が「本丸」と位置づける元徴用工問題がかすみかねない。韓国側は、日米韓の連携を重視する米国の「仲介」を呼び込む考えだ。しかし、日本政府は軍事転用可能物資の輸出手続きを優遇する「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を2日に閣議決定する方針。事態打開の道筋は見えない。【バンコク秋山信一、渋江千春】

この記事は有料記事です。

残り2687文字(全文2942文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです