メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

萩生田氏の発言に嫌悪感=無職・山口敬司・66

 (北九州市小倉南区)

 またか、といった発言だ。自民党の萩生田光一幹事長代行が7月26日夜のインターネット番組で、国会での憲法改正論議が停滞したままであれば、大島理森衆院議長が交代する可能性に言及したという。

 萩生田氏は4月にも、10月の消費税率10%への引き上げ延期と衆院解散の可能性をにおわせ、国会や国民を惑わせたばかりだ。

 政権の要職にあるものが、どう喝にも似た言葉で改憲論議への傾斜を強めようとする。国民に大きな影響を与…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです