メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

発射はロケット砲か 韓国は分析変更せず

 北朝鮮の朝鮮中央通信は1日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が7月31日に「新しく開発した大口径操縦放射砲(多連装ロケット砲)の試験発射」を視察した、と報じた。31日に発射された飛翔(ひしょう)体がロケット砲だった可能性が浮上したが、韓国軍合同参謀本部の関係者は8月1日の国防省定例記者会見で、「新型短距離弾道ミサイル」とした当初の分析を変更しない姿勢を示した。

 韓国軍関係者によると、31日の飛翔体は、米韓情報当局が分析した結果、初期段階の速度や放物線の軌跡、…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  4. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです