メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

親子上場問題、ほらみたことか=経営共創基盤CEO・冨山和彦

 仏ルノーと日産自動車の問題に続き、ヤフーとアスクルによる親子上場企業間の深刻な企業統治上の紛争が発生している。

 上場企業の基本統治原理は二つ。株主総会(≒総選挙)と取締役会(≒国会)を中心とする議会制資本民主主義と、少数株主の保護という権利保障だ。上場子会社においては、資本民主主義的には親会社が万年与党なので、もっぱら少数株主保護が企業統治上の課題で、その要は独立社外取締役である。しかし、その独立社外取締役の選任権も親会社が握っているので、親会社の利益と少数一般株主の利益が対立した場合に深刻な矛盾が生じる。この矛盾を解決するために英米独などの企業統治先進国…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです