かんぽ生命

不正販売 苦情1日500件 400人態勢の専用窓口開設

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 かんぽ生命保険の不正販売問題を受け、かんぽ生命や郵便局に対する顧客からの苦情や問い合わせが急増している。日本郵政グループは今月から約3000万件に上る全契約について実態を調査する予定で、約400人態勢の専用電話窓口を開設して対応に当たる。

 日本郵便によると、保険の乗り換え契約を巡り顧客に不利益となる営業の実態が報道され始めた6月下旬以降、かんぽ生命の顧客向け電話相談窓口や郵便局の窓口に寄せられる苦情や問い合わせは1日あ…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

あわせて読みたい

注目の特集