メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

設備投資計画

拠点見直し検討1割 製造業、米通商影響 政投銀調査

 日本政策投資銀行は1日、大企業を対象にした設備投資計画調査結果を発表した。中国との貿易戦争など米国の通商政策による業績や投資への影響について、製造業の約5割が「マイナスの影響がある」と回答。1割がサプライチェーン(部品供給網)や生産・営業拠点の見直しの実施や検討をしていることが明らかになった。

 サプライチェーンなどへの影響について「見直しを実施・検討中」が10%だったほか、「不明」…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです