メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特殊詐欺

実行犯役募集に警告返信 愛知県警、ツイッターで「人生台無しに」

特殊詐欺の実行役募集とみられる内容のツイートに対しての愛知県警の返信(画像の一部を加工しています)

 特殊詐欺の実行犯役の募集がツイッター上で行われるケースが増えているため、愛知県警は1日から、こうした募集の投稿に直接返信し、警告する取り組みを始めた。警察の取り組みとしては全国初という。

 「受けの仕事。初心者でも1件成功20万円」「ブラックバイト日給10万円」。県警によると、ツイッター上にはこうした特殊詐欺の実行犯役の募集をにおわす投稿が1日1000件ほど確認されているという。

 特殊詐欺の摘発が強化され、被害者から現金を受け取る「受け子」などの実行犯役が逮捕されるケースが相次ぎ、なり手が減少。詐欺グループが「人材確保」のためにツイッターなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を悪用している。アルバイト感覚で特殊詐欺に手を染める人も多く、県警が1~7月に逮捕した受け子39人のうち、半数以上が「SNSで応募した」と供述した。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです