メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

笹子トンネル事故

点検担当者、不起訴不当 「さらなる捜査必要」 検察審

 2012年に9人が死亡した中央自動車道笹子(ささご)トンネル(山梨県大月市)の天井板崩落事故で、甲府検察審査会は1日、業務上過失致死傷容疑で書類送検されるなどし、不起訴となった中日本高速道路(名古屋市)の関係者10人のうち、点検担当者2人を不起訴不当と議決したと発表した。

 甲府地検は再捜査するが、「起訴相当」ではないため強制起訴はなくなった。当時の同社社長、金子剛一(たけかず)氏(76)ら8人…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです