メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外桃田が2連覇、男子単日本初 バドミントン世界選手権
ひと

松尾亜紀子さん=フェミニズム専門の出版社を設立

松尾亜紀子(まつお・あきこ)さん(41)

 性差別の根絶を目指すフェミニズム専門の出版社を設立し、5月に雑誌「エトセトラ」を創刊した。コンビニの成人雑誌を特集した第1号は、発売前に増刷が決まるなど反響は大きく、「求められているとは思っていたが、予想以上だった」と手応えを語る。

 フェミニズムとの出合いは大学時代。ジェンダー研究の第一人者、上野千鶴子さんらの著書を読み、「これまで抱えてきた疑問や、性別に応じた役割という抑圧に説明がついた」。卒業後は編集者として「心から自分の物語だと思って読めるものを作りたい」と女性作家の著書を多く手掛けてきた。

 米トランプ政権が誕生した2017年ごろから、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でフェ…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文684文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  3. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  4. 国民・大野参院議員 埼玉県知事選出馬へ 離党し無所属で

  5. 上田知事「埼玉県は強い」 「翔んで埼玉」出演陣が「ディスりを謝罪」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです