メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日韓交流

中止相次ぐ 輸出規制で関係悪化 「こんな時こそ」宮崎市は継続

 元徴用工問題や半導体材料の輸出規制強化による日韓関係の悪化で、夏休みを利用した中学生のホームステイなど長年続いてきた日韓交流が相次いで中止になっている。毎日新聞の集計では、問題が表面化した7月以降、21道県で35件の行事が中止や延期となった。1日の日韓外相会談でも主張は平行線をたどっており、観光などへの影響拡大を心配する声も上がる。【まとめ・堀智行】

 「両国の関係が非常に難しい状況になっており、交流事業の継続は困難」

この記事は有料記事です。

残り2083文字(全文2294文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです