メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆の日

平和宣言に被爆者の短歌 東京の村山さん「悲惨さ知って」

被爆時の様子を証言する村山季美枝さん=国立広島原爆死没者追悼平和祈念館提供の動画から

 広島市の松井一実市長が広島原爆の日(6日)の平和記念式典で読み上げる「平和宣言」に、東京都文京区に住む被爆者の村山季美枝さん(79)の短歌が盛り込まれる。松井市長が1日、宣言の骨子を発表し、明らかにした。

 平和宣言で被爆者の短歌を紹介するのは初の試みで、村山さんは「少ない言葉でも、短歌には人に訴えるものがあると確信している。原爆の悲惨さを世界に知ってもらいたい」と話している。

 盛り込まれるのは、「おかっぱの頭(づ)から流るる血しぶきに妹抱(いだ)きて母は阿修羅(あしゅら)に…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです