メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱狂ゲノム

第1部 身近に迫る技術/3 編集食品、食卓に迫る

 ガラス製の皿の上に、直径約1ミリのトラフグの受精卵が60個ほど整然と並ぶ。京都大の木下政人助教(56)は顕微鏡をのぞきながら受精卵一つずつに細い針を素早く差し込み、ゲノム編集技術の一つ「クリスパー・キャス9」に使う成分を注入していった。受精卵を遺伝子改変し、肉付きが良くて成長の早いトラフグを作るのが狙いだ。

 高松市内にある研究所のいけすには、ゲノム編集されたトラフグが元気よく泳ぐ。「養殖は餌で味が変わるが…

この記事は有料記事です。

残り2191文字(全文2396文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  3. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  4. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  5. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです