メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日韓外相2日連続のバトル 日本「ASEANと同等」 韓国「ホワイト国」除外は「一方的」

2日連続で批判の応酬となった河野太郎外相(左)と韓国の康京和外相=2019年8月1日、秋山信一撮影

 軍事転用可能な物資の輸出手続きを優遇する「ホワイト国」から韓国を除外することが2日午前に閣議決定されてから約1時間後、河野太郎外相と韓国の康京和外相が、日中韓と東南アジア諸国連合(ASEAN)の外相会議の場で批判の応酬を繰り広げた。

 康氏が「一方的で恣意(しい)的だ」と非難すれば、河野氏は「韓国の扱いはASEAN諸国と今後も同等だ。康外相の批判の根拠が分からない」と応答。中国やASEAN諸国の外相が居並ぶ中、得意の英語で互いにアピールした。

 冒頭の記念撮影時には言葉を交わさなかった2人だが、先にかみついたのは康氏だった。

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文1032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 札幌・JR琴似駅近に無人ホテル 訪日客の利用期待

  3. 未消化の有給休暇、どうか成仏して…大阪で「供養」イベント

  4. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  5. グレタさん、自己紹介欄に「ガキ」 ブラジル大統領の「あんなガキ」発言で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです