メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン2台を同時に運行して自動輸送の実証実験 ANA

玄界島からサザエやアワビを輸送してきたドローン=福岡市西区で2019年8月1日、高橋慶浩撮影

 ANAホールディングス(HD)などは1日、福岡市で小型無人機ドローンを2台同時に運行して海産物を輸送する実証実験を報道陣に公開した。離島や山間部などの無人地帯で人が飛行状況を監視しない「レベル3」の飛行を2台同時に実施するのは国内初という。同社は2020年以降の事業化を目指しており、今後結果を検証する。

 同市西区内の玄界島と能古島の間約10キロと、玄界島と九州本土の間約6キロの2コースで運行。うち玄界島から九州本土の海岸に海産物を届ける実験では、実際のサービスがイメージできるよう、無料通信アプリLINE(ライン)のアプリを利用してバーべキュー用の海産物を注文する形態を取った。

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです