メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本、「ホワイト国」から韓国除外へ 2日に閣議決定 米「仲介」に応じず 

タイの首都バンコクで開かれた会談の冒頭で、韓国の康京和外相(左)を無言で見据える河野太郎外相。康氏は時々、カメラや手元の資料に目を向けていた=2019年8月1日午前8時47分、秋山信一撮影

 河野太郎外相は1日、訪問先のタイの首都バンコクで、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と約1時間会談した。元徴用工問題や日本による半導体材料の対韓輸出規制、さらに軍事転用可能物資の輸出手続きを優遇する「ホワイト国」からの韓国除外を協議したが、いずれも平行線だった。米国は2日午後の日米韓外相会談で「仲介」に乗り出す方向だが、日本政府は同日午前に「ホワイト国」から除外する政令改正を閣議決定する方針。米国の「仲介」には応じず、韓国に対応を迫る構えだ。

 ホワイト国から韓国を除外する政令は、公布から21日を経過した日から施行される。政令は通常、閣議決定…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文910文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  4. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  5. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです