メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮飛翔体 短距離弾道ミサイルか トランプ米大統領「非常に標準的」

トランプ米大統領=AP

 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮が2日未明(日本時間同)、東部咸鏡南道永興(ハムギョンナムドヨンフン)付近から日本海に向けて飛翔(ひしょう)体を2回にわたり発射した。韓国軍は、飛翔体の高度は約25キロ、推定飛行距離約220キロ、最大飛行速度マッハ6・9と探知されたとしている。ロイター通信は米当局者の話として、飛翔体は最近発射されたものに類似していると伝えており、短距離弾道ミサイル2発とみられる。

発射は午前2時59分ごろと3時23分ごろ。韓国軍は「さらなる発射に備え、動向を監視し、対応態勢を維持している」として警戒を続けている。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  4. 新型コロナ 新たに10人が感染 確保の155床に115人入院 /滋賀

  5. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです