メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮飛翔体 短距離弾道ミサイルか トランプ米大統領「非常に標準的」

トランプ米大統領=AP

 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮が2日未明(日本時間同)、東部咸鏡南道永興(ハムギョンナムドヨンフン)付近から日本海に向けて飛翔(ひしょう)体を2回にわたり発射した。韓国軍は、飛翔体の高度は約25キロ、推定飛行距離約220キロ、最大飛行速度マッハ6・9と探知されたとしている。ロイター通信は米当局者の話として、飛翔体は最近発射されたものに類似していると伝えており、短距離弾道ミサイル2発とみられる。

発射は午前2時59分ごろと3時23分ごろ。韓国軍は「さらなる発射に備え、動向を監視し、対応態勢を維持している」として警戒を続けている。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです