メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポットの中は今…

家事労働者に当たり前の権利を 支援団体が教育プログラム立ち上げに向け活動

公聴会参加者による意見表明では多くの人が中央マイク前に列を作った=米カリフォルニア州のサクラメントで4月、石山絵歩撮影

家事労働者の権利を伝える、カリフォルニア州の取り組み

 私は5月末までフルブライト奨学金のジャーナリストプログラムで南カリフォルニア大に在籍し、移民家事労働者に関する研究をしてきました。家事労働者を雇うことが、これまで家事労働の主な担い手となってきた女性の生き方にどのように影響しているかをテーマに、家事労働者49人と、家事労働者を雇用する21人をインタビューしました。

 カリフォルニア州では2016年にようやく全家事労働者への時間外手当支給を義務づける法律が成立しましたが、家事労働者からは「法律が知られていない上に罰則がないから守られていない」という声が聞かれます。家事労働者を支援する団体が、家事労働者の権利を周知する教育プログラムの立ち上げに向けて活動する中、6月末、プログラム実施のための州予算が認められました。

この記事は有料記事です。

残り3081文字(全文3441文字)

石山絵歩

1984年生まれ、2008年入社。岐阜・愛知県警、東京地検、東京地・高裁で刑事裁判担当を経て19年から外信部。事件取材の傍らで、経済連携協定(EPA)によって来日したフィリピン・インドネシアからの看護師、介護士候補生などを継続取材。18~19年、フルブライト奨学金ジャーナリストプログラムで南カリフォルニア大(USC)に在籍し、移民家事労働者について研究した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ワクチン接種の新システム、国は個人情報扱わない方針 自治体などが情報登録

  5. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです