メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中距離核戦力全廃条約が失効 国連事務総長が懸念「核戦争に対する歯止め失う」

 冷戦下の1987年に米国と旧ソ連(ロシア)が締結した中距離核戦力(INF)全廃条約が2日、失効した。米国は中国を含む新たな核軍縮の枠組みを訴えるが、実現のめどは立たず、米中露などによる軍拡競争が激化する恐れもある。

 射程500~5500キロの地上発射型ミサイルの開発・実験・保有を禁じたINF全廃条約は、米ソの軍拡競争に歯止めをかけ、冷戦終結を後押しした。だがトランプ米政権は今年2月、ロシアが条約違反のミサイル開発をしているとして条約離脱を通告、違反を否定するロシア…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文588文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  3. ORICON NEWS 生ハムとの”同居”に気づいた柴犬の必死な姿がかわいすぎた「あと少しで届くのに…」

  4. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

  5. 公文書クライシス 「記録作らない恐れ」省庁指摘、内閣府黙殺 ガイドライン改定論議に反映せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです