メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NATO事務総長は「条約崩壊、ロシアに責任」 新たな軍拡競争は望まず

中国中央テレビが1月に放映した中国の最新中距離弾道ミサイル「東風26」とされる発射映像=中国中央テレビの映像から

 米露両国による中距離核戦力(INF)全廃条約が2日、失効した。INF全廃条約によって、地上配備の中距離核ミサイルが撤去された欧州。北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は2日の記者会見で、「ロシアのみが条約崩壊の責任を負う」と非難し、欧州のミサイル防衛強化を「慎重に」進めると述べた。

 NATOは、ロシアの違反を理由に米国の条約離脱決定を支持してきた。だが、14年のウクライナ危機後にロシアとの軍事的緊張が高まる最中の条約失効で、欧州が冷戦期のように核配備競争の最前線に戻ることへの懸念もある。ストルテンベルグ氏は「我々はロシアと同じことはしない。新たな軍拡競争は望まない」と語った。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです