メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国が「仲介」する?しない? 日韓が情報戦 3国外相会談

タイの首都バンコクで、日米韓外相会談などを終え、記者団の取材に応じる河野太郎外相=2019年8月2日午後9時13分、秋山信一撮影

 タイの首都バンコクで2日開かれた日米韓外相会談は、米国のポンペオ国務長官の「日韓両国が協力して前に進むよう促したい」という発言を巡って、日韓両国が異なる解釈を示す「情報戦」に発展した。日本政府が「『仲介』とは受け止めていない」との見解を示したのに対して、米国の「仲介」をテコに日本に譲歩を迫りたい韓国政府は「(ポンペオ氏が)憂慮を示した」と主張。沈静化を望む米国の意図とは裏腹に、日韓対立がかえって際立つ会談となった。

 日本政府の説明によると、ポンペオ氏は約30分間の会談で、日韓関係について「両国の前進を促したい」と…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文760文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです