メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

92歳被爆者「想像つかないこと、伝わっていけば」 広島での体験手記

手製の原爆の資料をめくりながら広島での被爆体験を語る武井守正さん=大阪府熊取町で2019年7月19日、戸田栄撮影

 大阪府の泉佐野市民オーケストラを創設し、育成に尽力した武井守正さん(92)=大阪府熊取町=が、広島での被爆体験を手記にまとめている。結婚差別や子や孫への配慮から長く胸に秘めてきたが、「今の人には想像もつかないこと。書いておけば誰かが考えるきっかけになる」とパソコンに向かっている。

 松山市出身の武井さんは1944年春、広島工業専門学校(現・広島大)へ進学。太平洋戦争末期の45年は、学徒動員で広島市の三菱広島機械製作所でロケット砲を製作していた。8月6日朝、いったん作業に出たが製作用の図面を忘れた。取りに帰った寮(爆心地から約2・7キロ)の自室で被爆した。

 「窓の向こうに、雷の稲光のような……。いや、違う。雷なら一瞬のはずが、長く光り続けたのです。そして…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  3. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

  4. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  5. 公園に88歳母、自宅に70歳娘の遺体 無理心中か 福岡・西区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです