メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発避難訴訟、国の責任認めず 9683万円支払い東電に命じる 名古屋地裁判決

東京電力福島第1原発事故に伴い、東電と国に慰謝料などを求めた訴訟の判決について「不当判決」などと書かれた紙を掲げる原告の関係者=名古屋市中区の名古屋地裁で2019年8月2日午後2時6分、大西岳彦撮影

 東京電力福島第1原発事故に伴い、福島県から愛知、岐阜、静岡各県に避難するなどした42世帯128人が東電と国に慰謝料など計約14億4000万円の損害賠償を求めた訴訟で、名古屋地裁(桃崎剛裁判長)は2日、国の責任を認めず、東電にのみ原告109人に計約9683万円を支払うよう命じた。

 判決では、国の責任について「津波の予見可能性の程度は必ずしも高くなく、東電への規制権限の不行使が違法と言うことはできない」などと否定。原告の多く…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文534文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです